yuhei.work

居酒屋元店長yuheiの仕事観とかWeb Marketingとか

南京町「元祖 ぎょうざ苑」の神戸牛入り餃子うまい!食べ放題もあるよ!

f:id:yuhei0906:20181012193537j:plain

 

神戸の中華街にきました。いやしかし、神戸の中華街って8割一緒なお店じゃねーの?ってくらい、同じメニュー/同じ作り/同じ価格帯、なんですよね〜。

 

おそらく同じ卸業者かなにかが動いていたり、隣のお店を真似したりと、いろいろな背景があったのだろうと思いますが、消費者としては「美味しくなさそ〜」と思ってしまったりするわけです。

 

が、引きわ目立っていたのがこちらの「元祖ぎょうざ苑」さんです。

他のお店が、ほぼ同じメニューななか、餃子一本勝負。

 

しかも、「神戸牛入り餃子」です。神戸にきたら「餃子」と「神戸牛」を食べろ、と言ったものですが、その両方がいっぺんに食べれるというのはかなり嬉しい。

 

いざ。ぎょうざ苑さんへ!

ガラガラっと入ると、ずらっとサインが並んでいます。名店っぽい! 

f:id:yuhei0906:20181012193544j:plain

 

メニューは、平日ランチだったのでこんな感じ。お得です。

f:id:yuhei0906:20181012193602j:plain

 

どうも、「餃子」と「ジャジャ麺」が有名らしいぞ?

となると、やっぱり両方食べとかないいけない気分になるのです。

 

こんな感じで目の前で餃子を包んでいます。

しかも、「業務用の餃子の皮」ではなく、目の前で「餃子の皮」もつくっています。

f:id:yuhei0906:20181012200543j:plain


 

こんな光景は、台湾の屋台くらいでしか見れなかったので貴重です。

 

と、そうしているとジャジャ麺ができました。(右側は神戸牛?)

f:id:yuhei0906:20181012193550j:plain

 

うわ、中国の刀削麺みたい(笑)

まったくおしゃれにも盛り付けられてませんが、野菜とひき肉と混ぜ合わせて食べるとうまいです。

 

そして餃子・スープ・ご飯がきました。

f:id:yuhei0906:20181012193557j:plain

 

おもしろのは、この「餃子のタレ」ですね。

こちらでは、味噌をつけて食べるそうです。たまーに東京でも、味噌をつけて食べるタイプの餃子屋さんがありましたが、もしかして神戸が発祥なんでしょうか?

 

餃子は「サクサク」とした食感で、豚ではなく神戸牛のうまみを感じます。

 

ぎょうざ苑には食べ放題もある?

f:id:yuhei0906:20181012201150p:plain

こちら公式ホームページですが、黄色い枠でかこっているように「食べ放題」もあるようです!

 

しかも、「食べ放題・飲み放題」で3500~4000円というのはかなりお得ですねw

 

ただし、前日に予約しておかないといけないようなのでそこだけ注意が必要です。

 

感想まとめ

はい!というわけで、ぎょうざ苑ですが、かなり美味しかったです!

 

ちなみに、神戸ではこちらに宿泊させていただきました。

1泊2100円と1人旅にはもってこいの激安ゲストハウスです(笑)

 

yuheiwork.hatenadiary.jp

 

【神戸・新開地】「ゆめのまど」という激安ゲストハウスに宿泊しました。

f:id:yuhei0906:20181012193521j:plain

 

地方にひとりでいくときは、できるだけゲストハウスに泊まることにしています。

 

ゆめの窓さん公式HPはこちらです。

神戸・新開地のゲストハウス Hostel Yumenomad(ユメノマド)

 

新開地という街自体初めてきたわけですが、「ラブホ街」「パチンコ」「質屋」「居酒屋」などで、街の機能が構成されています。

 

 

ゆめのまどの場所

最寄駅からゲストハウスゆめのまど、までは歩いて5~10分ほどかかります。(いくつか路線が通っているので立地的にもかなり便利です。)

 

とはいっても、中心地の「三宮(さんのみや)」からは電車で10分程度です。

 

商店街の中を歩けたりするので、結構わかりやすい道ですが、前述の通りの街なので、あまり夜遅くに女性1人などでフラフラ歩くのはおすすめしません。

 

ゆめのまどの口コミ

総合的に考えてもかなりよかったゲストハウスです!

 

何より価格がHPから予約すると1泊2,100円と、ちょっと郊外にあることを考えてもかなり安いです。

 

スタッフの方もフランクで話しやすい雰囲気です。海外の方も他のゲストハウスよりも多い印象で、交流付きにはもってこいではないでしょうか。

 

こんな感じで可愛い洗面台や、アーティスティックな「絵」や「家具」が多いです。

f:id:yuhei0906:20181012193517j:plain

 

もともとラブホだったとかGoogleで書いてあったりしますが、おそらく下宿宿か古民家といったところではないでしょうか?

 

たしかに全体的に「古い」印象ですが、うまくリノベーションされていて清潔でしたよ。

 

ベッドは普通に清潔です。それほど多くの人が宿泊している感じでもないので、2段ベッド1台につき1人ずつ眠っています。

 

あとはお風呂問題でしょうか?

なんと、こちらのお風呂は普通に「ユニットバス」です。当然、綺麗ですしお湯もしっかり出ていました。

 

なので、湯船にしっかり浸かることもできます。(もちろん他の人もいるのでパパッと出てあげてくださいね!)

 

周辺環境

駅も近いですが、他にもスーパーや飲食店(マクドナルドも!)近いです。

 

自分はゲストハウスに来ると結構自炊するタイプなのですが、そういう立場からすると嬉しい立地です。

 

まとめ

神戸1日目の旅行で迎えたゲストハウスとしてはかなりよかったです!

 

なんと、こちらのゲストハウス一泊するとドリンク無料券を1枚くれます。

カフェがゲストハウス内に併設されており、そちらでアルコールやソフトドリンクを飲んで、旅の仲間と語り合うこともできそうな感じです^^

 

やはり、「三宮」のほうが色々便利そうなのですが、電車で10分ほどですしあんまり問題ない範囲でしたよ!

店長の仕事・役割 | 飲食店元オーナーが語る"ダメ店長"にならない秘訣

ã飲ã¿å±è¡ã®æç¯é£²ã¿å±è¡ã®æç¯ãã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

私はもともと、居酒屋のオーナー兼店長をしておりました。「ってお前店長もしてたんかい〜」というところですが、だからこそお話できることがあるかなと思います。

 

「来月から店長になってね」とか急に言われても、何をすればいいのか?どんな責任や責務・使命が絡んでくるのかさっぱりわかりませんよね。

 

とりあえず、店長ってそもそもなんなの?店長になったらどんなことをしなければいけないか?ということについてまとめて見ました。

 

店長とは何か?

店長とは、その名の通り「お店の長」であり「店舗運営の責任者」です。

つまり、会社でいうところの「社長」にあたります。

じゃあ「オーナー」とどっちが偉いの?というと、実は「オーナー」の方が偉いです。

ただ、大体の場合、「オーナー」(あるいは会社の本社社員)から任命されて、「あなたにこのお店のあらゆる事をお願いします」と頼まれるのが店長です。

 

店長とオーナーの違い

ですので、店長とは「運営責任者」です。お店における運営の全ての責任を取る事になります。

じゃあ、「オーナー」ってなんなの?と思われる方もいるかもしれませんが、「オーナー」とは店舗の所有者で、実際にお金を出している人になります。

 

店長が役割は?

店長の最も大きな役割は「お店をどうしていくか決めて実行すること」です。

すべての飲食店はパーフェクトではありません。何らかの課題を抱えています。

 

では、今「お客さんを増やす」のか「店員を増やす」のか。

あるいは「お店のメニューをどう変えるか」など、あらゆる事を意思決定するのが店長です。

 

なので、最初にやるべきことは、「いつまでに何をどうするか」を決めることです。

つまり、売り上げを上げるのか、利益率をあげるのか、満足度をあげていくのか、お店によって優先順位はまったく違いますが、どんな要素を、いつまでに、どれくらいまで上げていくことを達成するか?を決めるのが店長の役割です。

 

店長の仕事は?

店長になると、仕事が楽になるわ〜と勘違いしてしまう方も多いですね。

しかし、経験者は語る!店長こそが最も働き、最も疲れ、最もブラックです(笑)

 

いち店員として、店長に怒られていた方が随分マシだと、店長になってから気付くでしょうね。

そして、無能だと思っていた店長が、いかに頑張っていたのか?ということがわかります(飲食店あるあるですね)。

 

さて、店長の仕事とは、、、「すべての仕事に責任をもつこと」です。

責任を持つ、とは、つまりバイトが風邪で休んだだとか、仕入れがうまくいかず材料が足りないだとか、不足の事態が起きた時の対応もすべて店長がなにか解決しなければいけません。

どこかの誰かがやってくれていた店員時代とは違います。必ず店長が責任を取らなければならないのです。

 

ブラック自慢は好きではないですが、最大で1週間ほどお店やお店近くのホテルで寝泊まりしてお店を回し続けたこともあります。

そして、それだけ疲れたとしても、バイトや店員、そしてお客様にそういう素ぶりを見せず、お店を運営し続けなければいけないのです。

 

まとめ:ダメ店長にならない為に。

さて、最後にダメ店長にならない為にどうすればよいか?です。

私がオーナーという立場で、ダメ店長だなと思うのは、「自分の芯がぶれている店長」です。つまり、「何がしたいのかわからず、なにもしないまま終わる店長」です。

 

日々、店舗では問題が起き続けます。お箸がない、発注が届かない、AくんがBさんと喧嘩してる、お客様からクレームが上がる。

すべてに、そのときそのとき、一時的になんとなく対応しているだけでは店員と変わりません。

 

つまり、お客様からクレームを言われても、「そんなことをいうなら、うちには来なくていいです」とキッパリ言えたり、オーナーから言われてことにも「それは違います。僕にはできません。」と言えたりすることです。

 

これって「どんなお店を作りたいか?」「どんな売り上げ・利益を作りたいか?」が明確でなければできないことなんですよね。

これが「決断」です。「決めて断つ」わけです。それ以外のことはしないと。

 

これができなければ、すべてその場の対応で終わってしまい、作りたいお店・作りたい売り上げが達成できるわけもないのです。

 

個人的には、これができないのが「ダメ店長」だと思っています。

バイトにもオーナーにも、お客様にも舐められてしまい、向こうの言い分ばかり聞いてしまい、全ての仕事をしょいこんでしまいます。

 

そして、疲れたら「会社が悪い」「店長は向いてない」と言い始めます。違いますよね!そうじゃなくて、何をするべきか、何を任せるべきか、何を断るべきかが明確でなかっただけです。

 

その辺りをきっちり決められる店長は、もしオーナーと意見が違っていたとしても、店長なりに見えている目標を必ず達成できる、僕は良い店長だと思います。

飲食店経営者にオススメの副業3選 | 実際のオーナー経験から語ります

ããã¬ã³ãã¬ã¹ãã©ã³ããã¹ãã­ï¼±ãã®åºåãã¬ã³ãã¬ã¹ãã©ã³ããã¹ãã­ï¼±ãã®åºåãã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

僕自身が実はオーナー兼店長という立場で、3年間ほど居酒屋を新橋で経営していました。

自分自身の悩みでもあったのですが、飲食店の経営者ってとにかく時間がありませんよね!

もちろん形態にもよりますが、大体仕込みで1時間〜3時間程度、営業時間が6時間〜12時間程度、さらに片付けで1〜2時間程度、バックオフィス業務や新メニュー開発が深夜や土日にあるわけです(笑)

なのに売り上げというのは不思議なもので、大体の単価・大体の客数は決まっているので、爆発的に伸びることはないんですよね〜。

もちろんこれは上手くいってる飲食店さんで、そもそも回ってない場合はもっと過酷だと思います…。

 

さてさて、というわけで結論、飲食事業だけでは厳しいのでは無いか?というのは僕自身も感じていた問題です。

そこで、時間のない飲食店オーナーや店長の方でも気軽に始められる副業をいくつかご紹介したいと思います。

副業を始めるポイント

とはいっても、いきなり 紹介されたところで、「はあ・・・よくわからんわ」となってしまうかもしれないので、まず大前提に副業を始めるにあたってのポイントから説明します。

まず、みなさんが飲食店の経営者であるということで、本業に影響しない時間で始められるということが非常に重要です。つまり、できるだけ時間がかからないビジネスが良いでしょう。

また、安定的なビジネスであることも重要です。例えば、株やFX・仮想通貨などへの投資が気になる人もいると思いますが、基本的には得することもあれば損することもあるギャンブルです。そうなると、気になってしょうがなくなり、本業に支障が出てしまいます。

以上のポイントから、実際に飲食店経営者だった僕がオススメする副業をお伝えします。

①ブログ(時間もかからず、経験を価値にでき、集客につながります)

「ブログで稼ぎましょう」なんて話はよく聞きますが、夢物語のように聞こえるかもしれません。しかし、自分自身はブログで平均月収60万円、最高日給25万円を獲得できています。

ブログ自体にひやしている時間は、決して少なくはありませんが、それでもいつでも好きな時間に1時間程度時間を取ることができれば、記事を1つ書くことができます。

そうして書いた記事は、ブログを辞めるまで残り続けるわけです。つまり、記事をかけばかくだけ、あなたの資産になり、働かなくてもお金を稼ぎ続けてくれます。

また、飲食店経営を経験している人というのは、それほどインターネット界隈には多くありません。それも、何年も1つの業界にいれば、日本人のほとんどより調理法・経営スタイル・仕入れなどに詳しくなっているはずです。

さらに、もしかしたら、「こんなおもしろいブログを書く人が店長ってどんなお店?」と気になったお客さんがお店にも来てくれるかもしれません。

という感じで、色々とブログを始める事によるメリットというのは多いのです。

 

②不動産経営(難易度は高いが、一度成功すると雪だるま式)

FXや株と違って安定的に収益を得ることができるのが不動産経営です。

難易度は若干高いです(とはいえ、店舗OPENなどにあたって多少まったくの素人よりはアドバンテージがあるかと思います!)

ただ、基本的には銀行が不動産を担保にお金を貸してくれる形で収益を上げていくので、たとえば1つの不動産がうまくいくと、さらにそれを担保に新たなお金を借りて次の不動産を購入、さらにうまくいくと、次の不動産、と雪だるま式に資産が増えていきます。

ただし、やはり投資ですので専門的な知識や経験が必要です。まずは、不動産投資セミナーなどに気軽に申し込んで見て、購入などまでしなくても話を聞いてみることをオススメします。

 

③スキルシェア(勉強の必要なしで、集客につながる可能性)

あまり耳慣れしない言葉かもしれませんが、要は専門知識を使って稼げるサービスに登録するということです。

例えば、「魚の上手な捌き方」だとか「飲食店を始めたい人向け経験者のアドバイス」だとか、そういった題材であなたの腕や知識・経験を売って見ましょう。

副業するからといって、0から勉強しなければいけないことというのは余りオススメできません。それでは本業に影響を与えてしまいますからね…。

なので、大学生にとっての塾講師のように、すでにある知識を活かすことで楽に稼ぐことができます。

まとめ

というわけで、できるだけ時間やお金というものをかけずに、飲食店経営者がさらに収入を増やす方法をいくつかまとめて見ました。

個人的にオススメなのはブログですね。このサイトも、あくまで”ブログ”という形式ですが、それでも十分収入源を確保できる形に設計しています。

もし、ブログで稼ぐということに興味がある方がいらっしゃいましたらお気軽にご連絡いただければと思います。